2022.04.25

機能リリース

AIを搭載したクラウド ドキュメント ワークスペース LAWGUE、第一法規が提供する「D1-Law.com」との連携を開始

法令遵守体制の構築・運用の効率化をLAWGUEがサポート

FRAIM株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀口 圭、以下 FRAIM)は、AIを搭載したクラウド ドキュメント ワークスペース LAWGUEと第一法規株式会社(本社:東京都港区南青山2-11-17、代表取締役社長:田中英弥、以下 第一法規)が提供する法情報総合データベースD1-Law.comとの連携を開始します。D1-Law.comは最新法令を閲覧・検索可能な、弁護士、税・会計士、企業、全国の司法機関・省庁・地方自治体などで利用されている日本最大級の法令データベースです。

連携の背景

企業のガバナンスの向上が求められている中で、実務担当者の方々からは下記のようなお声をいただいていました。

  • 法改正の影響が及んでいるかどうかがわからない
  • 法令改正に対応できているか不安
  • 改訂に伴う作業が大変

このような課題は、LAWGUEとD1-Law.comの連携により大幅に改善できるようになります。
また、自治体・官公庁でも、法令改正に伴い文書改訂を行う必要が高く、担当者の大きな負担となっていました。今後行政手続きのデジタル化が図られる中で、法改正業務の負荷削減、法令の改訂に伴うガイドライン等の改訂業務に活用が期待されます。

連携によりできること

今回の連携により、LAWGUE上にアップロードされたドキュメントに関連する最新の法令を自動的に紐づけし、法改正の情報を受け取ることができるようになります。また、法改正に関する情報を受け取った際に、LAWGUE上で直接対象ドキュメントを編集することで、法改正に迅速に対応できます。

D1-Law.comとの連携イメージ

引用法令の確認

引用されている法令はLAWGUE上で自動的に紐づけされ、ワンクリックで対象法令の内容を確認することができます。

法令改正によるアラート

ドキュメントに紐づけられた引用法令や任意の法令をウォッチ対象として登録することで、法令改正の影響があるドキュメントをLAWGUEに一覧表示できるので、見落としのリスクを軽減します。また、そのまま法令改正の影響をドキュメントに反映することができます。

この連携により、LAWGUEは法令遵守体制の構築・運用を効率化し、企業のガバナンス強化をサポートしていきます。

今後の取り組みについて

FRAIMはAIを搭載したクラウド ドキュメント ワークスペース LAWGUEを基軸として、多くの企業・公的機関・法律事務所等における文書業務の効率化を実現してまいりました。今後は、経済産業省との法制執務効率化に関する実証実験(※1)や、デジタル臨時行政調査会傘下の法制事務のデジタル化検討チームへの参画(※2)等の取り組みで得た知見を活かし、行政機関における様々な文書業務の改善・効率化に取り組んでまいります。

  1. 経済産業省におけるLAWGUEを用いた実証実験(詳細
  2. 法制事務のデジタル化検討チームの概要(詳細
    FRAIM代表の堀口が構成員として参加 法制事務のデジタル化検討チーム構成員(詳細


クラウド ドキュメント ワークスペース「LAWGUE(ローグ)
「LAWGUE」は、文書作成をあらゆる面からサポート・効率化するAI を搭載したクラウド ドキュメント ワークスペースです。過去文書をアップロードするだけで、自社ノウハウがデータベース化され、AIのサポートによる様々な検索機能、従来のツールにはないアシスト機能を持ったクラウド編集、クラウド上でのコミュニケーション等により、ワンストップで従来の文書業務における非効率な作業をなくします。現在は、契約書・規程類・仕様書等、様々な文書を対象に企業、法律事務所、官公庁・自治体現場における文書業務の効率化を実現しています。

法情報総合データベースD1-Law.com
憲法から告示まで3万7千件余の法令、約32万件の判例とこれを理解するための要旨・解説情報、また、幅広い収録対象誌から収集した約77万7千件の文献情報等の法情報を登載。
法律専門出版社としてのノウハウを活かし、法令、判例、文献情報を体系的に分類・整理して収録しています。また、判例タイムズ解説をはじめとした、解説コンテンツの掲載により法令・判例の理解をアシストします。

第一法規株式会社 会社概要
会社名:第一法規株式会社
代表者:代表取締役社長 田中 英弥
本社:東京都港区南青山二丁目11番17号
ウェブサイト:https://www.daiichihoki.co.jp/