2022.04.01

機能リリース

AIを搭載したクラウド ドキュメント ワークスペース LAWGUE、「モデル契約書」の搭載を開始します

「モデル契約書」を活用して、契約書チェックをよりスピーディーに

AIを搭載したクラウド ドキュメント ワークスペース「LAWGUE」を提供するFRAIM株式会社(本社:東京都港区南青山、代表取締役社長:堀口圭、以下「FRAIM」)は、「モデル契約書*」の搭載を開始します。

これまで、LAWGUEでは法令出版社が提供する解説付きの契約書・規程雛形(オプション機能)を提供していましたが、この度、特許庁所管のモデル契約書(解説付き)の提供を開始します。

特許庁ウェブサイト(https://www.jpo.go.jp/support/general/open-innovation-portal/index.html)に掲載されている秘密保持契約書、PoC契約書、共同研究開発契約書、利用契約書を加工してFRAIMが作成

モデル契約書でできること

レビューしたい契約書をアップロードするだけで、自社の過去契約書だけでなく解説付きのモデル契約書とドキュメント間での比較や条項単位での比較を簡単にできるようになります。また、欠落している条項があればAIが自動的に見つけ出します。
すでにLAWGUEをご導入いただいているユーザー様には、順次モデル契約書のご提供を開始させていただきます。

このモデル契約書の搭載により、よりスピーディーな契約書チェックをサポートし、契約書業務の効率化を実現していきます。


クラウド ドキュメント ワークスペース「LAWGUE(ローグ)

「LAWGUE」は、文書作成をあらゆる面からサポート・効率化するAI を搭載したクラウド ドキュメント ワークスペースです。過去文書をアップロードするだけで、自社ノウハウがデータベース化され、AIのサポートによる様々な検索機能、従来のツールにはないアシスト機能を持ったクラウド編集、クラウド上でのコミュニケーション等により、ワンストップで従来の文書業務における非効率な作業をなくします。現在は、契約書・規程類・仕様書等、様々な文書を対象に企業、法律事務所、官公庁・自治体現場における文書業務の効率化を実現しています。